topimage

2013-04

第97話 TIPAZBAND パリでライブデビュー! - 2013.04.28 Sun

『虎と小鳥のフランス日記』のヒロインであるカミーユが

ついに歌手としてデビューすることになります。

これは、教材の中のお話ではなくて、本当のお話です。


去る4月9日、パリのジャズの聖地と呼ばれるジャズ・クラブ

Sunset Sunsideにて、カミーユ率いる≪TIPAZBAND≫が

ジャズライブを開催しました。⇒ Sunset SunsideのHP

1983年に設立されたこのクラブには、Ravi ColtraneやChristian Vander

など数多くの大物ミュージシャンが出演しているとか。

そんなクラブでの出演を認められただけでも、

カミーユの実力を感じさせられます。


というわけで、今回のサンプルビデオはコチラ・・・




このライブ、私がパリにいたのなら、ゼッタイ聴きに行っていた(>_<)

彼女の第一声に聞き惚れてしまった!



挨拶のコメントで、すでに言葉が音楽になっているところがさすが!

-Merci  beacoup d'êtore venus tous ce soir.

 En plus, j'ai l'impression que y'a plein ♪ de nationalités.

 皆さん今夜は来てくださりありがとうござます。
 色々な国籍(の人)がいるのではないかと思います。

たくさん来てくださった方への感謝の思い、

カミーユならではの、この思いを音楽で!

その一心なのでしょうか。


このビデオでは、アメリカ人ミュージシャン、ファッツ・ウォーラーFatz Wallerの

作曲した歌に、カミーユが作詞をした”JITTERBUG WALZT"が紹介されています。

歌詞を暗記することのむずかしさを歌にしているようですが、

カミーユほどの人でもそんなこと思うのかな、とちょっと驚きでした。


JITTERBUG WALZTにもいろんなアレンジがあるようで、

こちらScott Hamiltonの演奏で。





音楽というものは、同じ曲でもアレンジ一つで、全く別のものに生まれ変わりますね。

そして、そこに歌詞が付くことで、また大きく変わります。


≪挨拶より≫

-....c'est assez drôle parce que c'est , c'est un project exclusivement 

en français.
これは、フランス語のみを用いた、かなり面白い試みだからです。


En fait c'est .....c'est que des textes que j'ai écrits sur des standards
                   (性数一致のルール!!)
de jazz divers et variés.

実際、様々なジャズのスタンダードに、私が(フランス語で)歌詞を書き加えました。
(だから面白いのです)
   ※c'est que は c'est parce queが省略されている



私はピアノを習っていたので楽譜は読めるし、当然音楽が大好きですが、

作詞も作曲もやったことはありません。

私的には詞があって、曲を付けるのはできそうですが、

出来上がった曲に詞を付けるのって大変そう!


もともとアメリカが本場のジャズに、フランス語で歌詞を付けるのは

確かに興味深いことですよね。

でも、音楽に国境はないし、ましてフランス語の音は一つの音楽だと思うので

カミーユの実力で、素晴らしいものが出来上がっています。



~歌詞より~

<<Tonner de cacahuètes et saperlipopette>>

Tonner de cacahuètesが、 ラッカセイを食べようとして、パチン!とはじいて

飛び散ってしまった時に言ってしまう、

「なんてことだ!くそ!ちくしょう!」等を意味する比喩だとか。

saperlipopetteも、「ちぇっ!なんてことだ!」という間投詞。

歌詞が覚えられないイライラを、こんな言葉で表現しています。

<<J'ai beau les répéter, j'ai beau les rabàcher.>>
    avoir beau inf :  inf しても意味がない

<<... ils pensent qu'a s'en aller. >>
         s'en aller ; その場のどこかに行く⇒ 
  (単語は)消えることしか考えない

<< Il narguent ma mémoire à coups de grands écarts. >>
      これらはもっぱらスプリットを用いて私の記憶力をあざける

<< à mon autorité ils font un pied de nez.....
      ces petits mal élevés.>>

   faire un pied de nez à ;(親指を鼻先に当てほかの指をひらひらさせて
                 からかう)



歌詞の意味がわからず、ただ歌を聴いていた時点で感じたことは、

saperlipopetteや、

Mais pourquoi ces mots ont-tils des fourmis dans les pied?

のp の音がとっても耳に響いて、

まさに小鳥がさえずっているように聞こえていました。

rabàcher や aller のerの音も、韻を踏んでいますね。

こういう音も意識して作ったのかなあ~カミーユ!?


何度歌っても忘れてしまう歌詞・・・・って!?

それは、私もそうだ!!(@_@;)

いくらやっても忘れてしまう単語・・・!!


でも、織田先生がおっしゃいましたよね。

人間は、忘れるんだ! って。

忘れるのは当たり前。

だから、日々努力するんだって。


私もカミーユのような日が来ると信じて、

コツコツ努力するしかないですね。

⇒TIPAZBAND のFacebookページ 


ご訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになっています。
一日一回クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

b_02 FC2
FC2 Blog Ranking


本気でフランス語身に着けるなら
≪フランス語脳プロジェクト≫
無料体験実施中!!

4月中にこちらの≪フランス語脳プロジェクト≫に参加すると
5月から始まる3万円相当の「仏検対策集中講座」プレゼント!
全12回の「発音のルール」も付いてきます!!
6月の仏検目指している方、ぜひぜひ一緒にがんばりましょう!!

フランス語と楽しく触れ合える虎と小鳥のフランス日記 
http://toratokotori.com

『虎と小鳥のフランス日記』
サンプルビデオの続きは、Twitterでもご覧になれますよ!
@toratokotori
でフォローお待ちしています(^_^)v


millefeuiles rogo 
フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesはこちらへ
http://chambre-mille-feuilles.com

お問い合わせはコチラう⇒
http://chambre-mille-feuilles.com/cgi-bin/support1.cgi


フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesは

こちらへhttp://chambre-mille-feuilles.com

お問い合わせはコチラへ⇒
http://chambre-mille-feuilles.com/cgi-bin/support1.cgi

ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけますと嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村


b_02 FC2







スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ママンのきもち

Author:ママンのきもち
ミルフィーユのお部屋へようこそ。
フランス雑貨のお店『Chambre Mille feuilles シャンブル・ミルフィーユ』を運営する、店主のブログです。

ご案内

   millefeuiles rogo 
フランス雑貨のネットショップ Chambre Mille Feuilles


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


長野県民的人生記

ちえりの手作り日記

南仏アヴィニヨンより

COCON部屋

まあちゃんの雑貨大好き! プチモール 

メロディ♪スマイル ~トールペイントライフ~

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

フリーエリア

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR