FC2ブログ
topimage

2020-06

行き当たりばったりフランスの旅(24)~プロヴァンス最後の1日(アヴィニョン) - 2012.09.03 Mon

 ≪プロヴァンス最後の1日~アヴィニョン≫
                                    dimanche,22,Novembre


アプトの朝は、どんよりと曇っていました。

私たちがフランスで過ごしたこの11月は、例年の気温に比べたら

暖かい日が続いていたらしいのですが、さすがに今日は寒いです。

今日は雨になるみたい。
                   
512.jpg 


せっかくここまで来たけれど、南へ下るのはここが最終地点。

ここからは25日の帰国へ向けて北上する事に.。

ボルドーやロワールの方にも行ってみたかったけれど、もう時間がありません。

今日はアヴィニョンでゆっくりして、明日一気にパリへ。

24日に1日パリを散策したら、この旅も終わります


せっかくなのでもう一度ゴルドの方へ周りました。

やっぱり雨が降ってきて、ゴルドの絶景も車の中から見ただけです。


ゴルドの南、メネルブの村へ行ってみました。

イギリス人作家ピーター・メイルの『プロヴァンスの12カ月』

でおなじみの村ですね。
                            
543.jpg 



ここも夏にはきっと、観光客でにぎわうのでしょうね。

でも今日はあいにくの雨でもあるからか、

人の姿が見えません。とても静かな村です。

まして今日は日曜日だし。
 
536.jpg 
 

548.jpg                      

この村にしても、あのブルゴーニュの村にしても、

こういう静けさの中に趣があります。

夏のプロヴァンスは憧れだったけれど、観光客でごった返した村を見ても、

逆に興ざめしたかもしれません。

せめてお天気だったらよかったんですけどね。


564.jpg 


さて、アヴィニョンで泊まるホテルを探さなければならないのですが、

昨日見つけた『イビスホテル』。

ローヌ川沿いの、アヴィニョンの城壁の目の前にあります。

        
―  ここが便利でいいんじゃない? 


と、私の一言で決めちゃいました。


このアヴィニョンだって、ゆっくりできるのは今日一日だから、

ホテル探しに時間を取られるのはもったいないって思ったんです。


早速外へ出ました。


570.jpg 

ホテルの目の前は、アヴィニョンの城壁の街。

南のレピュブリック門から城壁の中へ入って、お昼を食べられるお店を探そうと

歩いてみたのですが、この南側の入り口の方は、それらしきお店がなかなか見つからない。

582.jpg

583.jpg 


実はこの日、私の体調があまり良くなくて、これ以上歩く自信もなくなり、

結局ホテルに戻って車で探すことにしました。
                           
 
あてどもなく車を走らせ、やっと見つけたのは、ファミレス。

ここなら食欲のない私でも、何か在るかも、

と入ってみました。
 
ところがそこは、食べ放題のお店だった。 

今日は休日なので、平日より割高で一人20€とのこと。

お肉や、パスタ、サラダ、デザート・・・と確かに色々あったけれど、

もともと食欲のない私には、ちょっともったいなかった。

しかも、はっきり言ってそんなに美味しくない。

このフランスに来て、初めてハズレちゃった感じです(^_^;)


ま、気を取り直して、教皇庁宮殿にすぐ近い駐車場に車を停め、

アヴィニョン観光と参ります。
 


Palais des Papes(アヴィニョン教皇庁)                          


588_20120903141726.jpg 

ここは、かつてキリスト教のローマ教皇がローマからアヴィニョンに移された時期に、

教皇庁として作られた宮殿です。

592.jpg 


593.jpg 

596.jpg 


 Voyage de France 05 111 


この静かで荘厳なる宮殿

春には薔薇祭りの会場になったり、

夏には ここで 『アヴィニョン演劇祭』が繰り広げられ、

世界中から数多くのアーティストたち(もちろん日本からも!)が、

各々自由にパフォーマンスを繰り広げます。

そのにぎやかな模様は、コチラから ⇒

 ≪南仏アヴィニョンより-アヴィニョンの演劇祭≫




635.jpg 

Voyage de France 05 124 

632.jpg 


1309年から1377年、いわゆる『ローマ教皇のバビロン捕囚』と呼ばれた時代。

中世ゴシック様式のこの宮殿からは、このアビニョンの街が一望でき、

その威厳を今もなお保っています。


616.jpg





法王宮殿の屋上からみた、アヴィニョンの夕陽。

   
Voyage de France 05 130 

夕暮れに染まるアヴィニョンの街・・・

619.jpg 

サン・べネゼ橋と、ローヌ川・・・

 Voyage de France 05 134

宮殿の前には、いるわいるわ、日本人の観光客 !!

 595.jpg

今まで、田舎のほうばかり周ったし、しかも車だったからか、

日本人とはお目にかかることはなかったのですが、

ここにはまさにツアーの団体さんが
たっくさんいました。

― 7時から夕食だから、6時にはホテルに戻っていないといけないのよね。

なんて日本語が聞こえます。 

― そっか、ツアーだったら、ご飯の事も泊まるところのことも、何も考えなくていいんだね(^_^;)
   いいなあ~。


と言いながらも、そんな旅行は絶対いやだとわかっている私たち。

だから、いいんです。たまにハズレたって。
 
                         
広場のカフェで一服。 

 597.jpg

カフェというものも、パリならあちこちにあるけれど、

地方の
カフェには立ち寄るタイミングがなくて。

思えばこれが、この旅初めてのカフェ!?

お昼御飯もここで良かったの
にね


 
さて、今頃になって、サン・ベネゼ橋を渡ってみようか、

なんて思いついて行ってみたのですが、もうすでに営
業時間外。

前もってチケットを買っていれば、17時をすぎても橋の上に行くことはできたらしいのですが、

ケットが無いので駄目だって(・_・)

思いつきで行ったって、そんなところです。

646.jpg                                      
↑ しっかり日本語で『入り口』

 
いったんホテルに戻り、明日あさっての宿泊の手配。 

ここは狭いけれど安くて、ネットもちゃんとつなが
って、

それなりに便利なホテルです。

最後の2泊は、シャルルドゴール空港近くのシャンブルドットを予約。

明日は高速で一気にパリを抜けます。


予約もできたので夕食を、と再び外へ。 もちろん車で。

城壁の中でレストランを探すけれど、一方通行の道は大変ですね。

ぐるぐると回ったけれど、気の利いたお店
が見つからない。        

見つけても、なかなか路上には空きの駐車スペースがない。

(フランスの都市部で車を停めるのは至難の業です)
 


ようやく車を停めたところは繁
華街から離れていたのか、

お店がない(@_@;)

やっぱりもう少し走ってみようと・・・

 

結局、さんざん走った挙句入ったお店は、なんと 2度目のマクドナルド!

昨日も食べたばかりですよ・・
・・(>_<)


でももう疲れていたからね。

お昼と言い、夕食と言い、今日は食に恵まれなかったけれど、

とりあえず寝るところはあるし。

明日の長い長い運転に備えて、アヴィニョンの1日は終わりました。               <
大きな地図で見る                                                                            

ご訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになっています。
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

b_02 FC2
FC2 Blog Ranking

≪ショップからのお知らせ≫
 


collection dautomne - 300 

秋におすすめのアイテム、セレクトしてみました(*^_^*)
詳細はコチラ⇒

millefeuiles rogo 
フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesはこちらへ

お問い合わせはコチラ⇒
※ブログからでもご遠慮なくお問い合わせください。                                                                                                                                          
フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesは

こちらへhttp://chambre-mille-feuilles.com

お問い合わせはコチラへ⇒
http://chambre-mille-feuilles.com/cgi-bin/support1.cgi

ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけますと嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村


b_02 FC2







行き当たりばったりフランスの旅(23)~果たして、今夜の宿は??? - 2012.08.17 Fri

≪今夜の宿はアプトアヴィニョンか?≫
           -samedi,21,Novembreの続き(3)

 ゴルドの村での宿泊はあきらめ、村から国道までとりあえず出ようとしたのですが、

これがなかなか出られない。

今思えばもっともっと東のルシヨンの村のほうまで行っていたのかもしれません。

赤い壁の村で有名なルシヨン・・・

そんなこと、考える余裕もなく、ただひたすら走ります。

とにかく国道まで出て、泊まるところを探さなければ(>_<)




途中、どこだったんだろう、小さな村の公園のそばのカフェでようやく人を見つけ、

一杯やっていたおじさんに、この辺に泊まれるところはないかと尋ねました。

するとそこから下っていくとルミエールという村があって、

そこにホテルがあるよと教えてくれました。

そしてその先に国道がある、ということも。



ルミエールの村のホテルは、確かに在りました。でも、ここもお休み~(>_<)

やっぱりこのプロヴァンスは、“夏”なのですね・・・。


それでもおかげで国道をに出て、右に行けばアヴィニョンへ戻れます。

アヴィニョンに戻れば、最初に見つけたイビスホテルがあります。

左はアプトです。

もう日も沈んで、暗くなってしまいました。

今更アプトに行って、果たしてどうなるのでしょう?



でも、左へ・・・・アプトに向かいました。

行くだけいってみよう、と。


アプトの町の入り口に「HOTEL」の看板を見つけました。

でも、まだ町に入ったばかりだし、ひょっとしたらとんでもなく狭いホテルかもしれないと、

もう少し走ってみました。


町の中心らしきところの広場の前に、一見のホテルを発見!

広場の目の前だし、下がカフェになっていて、高級そうでもなく、悪くもなさそう(*^_^*)

Hôtel l' Aptois
487.jpg 

フロントでは、ホテルのマダムがソファーでのんびりと新聞を読んでいました。

部屋は空いているそうです。1泊54€なら悪くない。



部屋に入って感激!

広くはないけれど、いかにもプロヴァンスをイメージする黄色と緑を基調とした

インテリアで、ラベンダーなどが飾ってあって(もちろん造花ですが)、

ここがプロヴァンスであることを感じさせてくれました(*^_^*)

写真撮りに失敗して、その色がちゃんと出せていないものばかり・・・。

唯一まともに撮れていたのがこちらです。

492.jpg  

アヴィニョンに戻らなくて良かった・・・ここまで来て、正解でした。



辺りは真っ暗だけど、時間はまだ18:00。

このホテルの横に時計台がありました。その時計が時を知らせると、この部屋に響きます。

-え これって夜中も鳴るのかな それはまいったね・・・

なんて言っている二人。この時計台がどれほど有名なものかも知らずに・・・・。



外に出ました。

その時計台は門になっていて、そこから続く通りには、

さっきまで人で賑わっていたようでしたが、もうお店は全部閉まっていました。

夕食を取ろうと車を走らせましたが、在るのはパブのような店ばかり。


このアプトの入り口にあった、最初に見つけたホテルまで戻ってみました。

そのホテルの下がレストランになっているようです。

人が何人も入って行くので、ひょっとしたら人気のレストランなのかなと入ってみました。

509.jpg 


-今日は、団体さんの予約が入っているけれど、それでも良ければどうぞ!

ということでした。

500.jpg 

どうやら、2組の団体さんのお食事会か何かのようですが、

みなさんまだ集まらないないのか、奥のバーカウンターに集まって、

賑やかにお酒を飲んでいました。
Voyage de France 05 094 

私たちの食事が 終わるころに、ようやくパーティーは始まりました。

どちらも親戚の集まりか、何かのお祝いのようで、

お店が賑やかになって、逆にくつろげました。

おしゃべりに花を咲かせるその光景は、見ているだけでも楽しくなりますよね。

Voyage de France 05 092 


今日のお料理もボリュームたっぷり
504.jpg 

最初のナスのサラダは、なすが丸ごと1本!

503.jpg 

カモ肉のサラダも、もうそれだけでメインになっちゃいそうなボリュームです。

主人のメインは、イノシシのお肉料理。

506.jpg 

まさにフランスのジビエ(狩猟)料理です。


私はホタテのクリームパスタ。
505.jpg 

運がいいというかなんというか・・・・

こんな小さな町で、たまたま見つけたホテルも、レストランも、

文句なしの選択でした。

これは、帰国してからわかったことですが、

このアプトのホテル、そしてその前の広場、ローズ・ド・ペレ広場には、

夏になればたくさんの人でにぎわっているようです。

ホテルの横の時計台のある門は、セニョン村へと続く、セニョンの門。

土曜日の広場にはマルシェが出て、あの時計台の先の通りには、

たくさんのお土産屋さんが立ち並んでいたようです。

アプト

アプト
                                                   (画像はGoogle mapより)

シーズンオフというのは、やっぱり残念なものですね。

今度は夏に、この町を訪れましょう。

大きな地図で見る


Hôtel l' Aptois
289 Cours Lauze de Perret84400 AptFrance

ご訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになっています。
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

b_02 FC2
FC2 Blog Ranking

≪ショップからのお知らせ≫
 


collection dete -300

夏におすすめのアイテム、セレクトしてみました(*^_^*)
詳細はコチラ⇒

millefeuiles rogo 
フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesはこちらへ

お問い合わせはコチラ⇒
※ブログからでもご遠慮なくお問い合わせください。
フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesは

こちらへhttp://chambre-mille-feuilles.com

お問い合わせはコチラへ⇒
http://chambre-mille-feuilles.com/cgi-bin/support1.cgi

ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけますと嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村


b_02 FC2







行き当たりばったりフランスの旅(22)~プロヴァンス・リュベロン地方へ(ゴルド) - 2012.08.13 Mon

 ≪Luberon-en-provence 
 プロヴァンス・リュベロン地方
       ~Gordes ゴルド

                          samedi,21,Novembre

 今日はアヴィニョン経由でゴルド、アプトの方へ行く予定です。

予定、というところが私達らしい 結局次の宿泊先が見つかっていません。  

またしても、ネットがちゃんと接続できなかった。

だからってあわてない、そんな二人です
 

アヴィニョンまでは高速道路A7を走ります。

431.jpg

ホテルで朝食を食べなかったので、さすがに11時も過ぎるとお腹がすいてきました。

 420.jpg
 
マクドナルドの看板を見つけました。

フランスに来てまでマクドナルド!?と言われそうですが、

フランスだからこそ、一度はフランスのマクドナルドもいいかもね、と寄ってみました。
 
 
 
メニューはそんなに変わらないみたい。

でも日本より高い!

ビッグマックセットが6.8€、ロイヤルベーコンセット(これは日本にはないかな?)が7.1€・・・

1セット1,000円近くするんだ (1€130円のころ)

しかも、スマイルゼロ円もないし(当然!?)、私服来て接客してるし・・・(+o+)

高速道路沿いというのもあるでしょうけど、ガラガラで空いていました。

423.jpg

フランス人には、あんまり人気がないのかな?
           
Voyage de France 05 078
    
こちらのメニューの右から2列目の一番上・・・・

これって、つい最近日本のマクドナルドで、

フランスバージョンということで販売していたハンバーガーですね!


これは・・・・

フランスの原子力発電所

当時、特にフランスの原発に特に興味あったわけじゃないのに、

なぜかカメラに収めてた。
438.jpg 

こちらは風力発電ですね。

439.jpg 



とりあえずはアヴィニョンまで、スムーズに着きました。

457.jpg


おなじみアヴィニョンの サン・ベネゼ橋です

458.jpg 
 
シュ-ル ポン♪ ダヴィニョン♪  ・・・思わず歌ってしまいます!
              
  
 ローヌ川沿いからレビュブリック門へと左へ曲がる角に、

イビスホテルというエコノミーホテルが立っていました。

このホテルに泊まれば、アヴィニョンを散策するには便利そう。

泊まりたいホテルではないけれど、ゴルドの方まで行ってみて、

もし泊まるところが見つからなければ最悪ここに泊まってもいいよ、と私は言いましたが、

主人はそう簡単には妥協したくなさそうです。

確かにそうですね・。 せっかくプロヴァンスの方にきているのですから、

もう少し気の利いたホテルもあるでしょう。
 

プロヴァンスでは、ゴルドやアプト、メネルブ・・・と行きたい街はいくつかありましたが、

 L'ISLE SUR LA SORGUEリル・シュル・ラ・ソルギュ』という(なんて長い名前)町に

アンティークショップが多いと聞いていて、そこにも行けたらな、と思っておりました。
 
すると、『LA SORGUE ラ・ソルギュ』の標識。                                        

____ あ、ここだ !!

って、街に入ってみましたが、どうも様子がおかしい。

449.jpg 

小さな街だけど、駅の近くにはホテルもあって、

アンティークショップが立ち並んでいると聞いていたのに、なんだか閑散としている。
 
しばらく街の中を走ってもらいましたが、違うっぽい。

よくよく地図を見ると、ここはどうやら 『アントレーク・シュル・ラ・ソルギュ』だったようです・・・(+o+)

つまり、ラ・ソルギュという川があって、その川沿いの街に似たような名前の街があるのですね。
 
※『リル・シュル・ラ・ソルギュ』のご案内は、コチラのブログへ⇒ ≪南仏アヴィニョンより≫


で、結局『リル・シュル・ラ・ソルギュ』にはたどり着けず・・・(+_+)

そのうち、ゴルドに着きました!(^^)!

471.jpg 
 

 石造りの家が並ぶ道を登っていくと、

そこにはまさに雑誌で見た Gordesゴルドの雄大な景色!!

思わず ウォ~\(^o^)/と叫んでしまいました!

475.jpg 

476.jpg 

運の良いことに今日は晴れていて、ちょうど日の傾きかけた午後のやわらかい日差しが、

段々に積み上げられた石造りのベージュの家々をほんのりと赤く染め、

ここだけが時間が止まったかのような、

それはそれは幻想的な風景でした。
 

このゴルドの村に、出発前に候補に挙げていたシャンブルドットがあったのですが、

そのシャンブルドットが、この景色を前方に備えたところに立っていました。

シャンブルドットにしては、1泊135€~は高いな、と思っていましたが、この場所ならうなづけます。


「今日空いてないかな?」と尋ねてみましたが、誰も出てこない。

村を下っていくと、何軒かシャンブルドットはあるようですが、

どこも人の気配を感じない。

村の上のほうにあったホテルも閉まっていたし、やっぱりシーズンオフだからでしょうか。

結局どこもそんな感じで、この村での宿泊はあきらめました。

479.jpg


高速を使ったので、リヨンから一気に下っています。

大きな地図で見る


ご訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになっています。
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

b_02 FC2
FC2 Blog Ranking

≪ショップからのお知らせ≫
 


collection dete -300

夏におすすめのアイテム、セレクトしてみました(*^_^*)
詳細はコチラ⇒

millefeuiles rogo 
フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesはこちらへ

お問い合わせはコチラ⇒
※ブログからでもご遠慮なくお問い合わせください。
フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesは

こちらへhttp://chambre-mille-feuilles.com

お問い合わせはコチラへ⇒
http://chambre-mille-feuilles.com/cgi-bin/support1.cgi

ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけますと嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村


b_02 FC2







行き当たりばったりフランスの旅(21)~さまようリヨンの街 - 2012.08.12 Sun

 ≪さまよう・・・Lyonリヨンの街≫

    vendredi,20,Novembreの続き


レンタカーの契約は一応終わりましたが、コンピューターの処理に時間がかかるからと、

車は使っていいけれど、1時間後にもう一度来てくれとのこと。
 
それまでリヨンの街でも散策してみようか、ということで、

とりあえずはベルクール広場の地下駐車場に車を停めました。
 
今まで田舎の方ばかりいたので、久しぶりの都会。

駐車場のトイレを使おうと思ったら、いきなり有料。

そのくせ汚くて、トイレットペーパーも付いていない(+o+)

そのお金、何に使ってるんでしょうか!?

掃除ぐらいしてください、って感じです。

378.jpg 

ベルクール広場はヨーロッパ最大の広場の一つ。

中央には、ルイ14世の像があります。

377_20120812003239.jpg 


Voyage de France 05 064  


Voyage de France 05 063   



380_20120812003316.jpg 


これは後で知ったことですが、

このベルクール広場に、

あの 『星の王子様』の銅像があったそうです!

ここリヨンは、その作者サンテグジュペリの生まれた街。

広~い広場の、南西の片隅にあったらしくて、

結構見つけるのが難しいそうですよ。


ベルクール広場の観光案内所に行って、

今夜泊まる予定のホテルの場所を確認しました。

受付のお姉さんは、「あー、それならここよ。」と、

地図に印を付けてくれました。

きっと、わかりやすい場所なんだ(*^_^*) と信じた二人でした・・・・???

今日もお昼ご飯、食べそびれてる・・・。

主人もレンタカー屋さんで疲れ果てて、逆に食欲無くした感じです。

この間ガソリンスタンドで買ったスナック菓子を、広場でポリポリ。
 

ゆっくり散策するほどの時間もないし、ちょっとブラッと歩いてみようか

という事でショッピング街の方へ。

Voyage de France 05 071 

さすがに人が多いです(>_<)


新市街になるからか、日本のショッピング街を歩いているような気になって、

なんだか疲れてしまいました。

どうやら私には田舎の方が心地良さそうです・・・(^_^;)
 
リヨンと言えばシルクなんですね。でも見るだけ・・・・。
 
381.jpg

旧市街の方まで行けば、歴史的建造物もたくさんあったようです。


そうこうしていたら時間になったので、もう一度レンタカー屋さんに行って、

無事契約終了。

さて、ホテルに向かいましょう。

地図で教えてもらった通りに行けばいいのですが・・・
 
しまった!ちょっと違う道から入っちゃった!


でも方向は間違っていないし、パール・デュー駅そばの

マリウス・ヴィヴィエ・メル大通り沿いのホテルだから、わかるでしょ、って・・・・。


ところが、すぐそばまで来ているはずなのに、ホテルが見つからない。

またいつものように、何度も何度も同じ道をぐるぐる回っています。

しかもこの都会の真ん中で!


一方通行の道ばかりで、目指す大通りに入れない。

このパール・デューの街を、何時間走っただろう、と言うぐらい長かったです。

とりあえず車を適当なところに停めて、歩いて探すことにしました。 

ちなみに、辺りはもう真っ暗!


ピザ屋のおばさんに聞いたら、何のことはない、すぐそこよ、って。

え~!!  目の前にあるじゃん(^_^;)


でも、そこは、結局一方通行になっていて、

何処から這入って行っていいのかがわからない。

仕方がないので、そのまま歩いてホテルへ。 


ありました、ありました(>_<)

でっかいホテル『Park & Suites』 


とっても大きいのに、通りの一番端っこに立っていて、

目立った看板が出ていないので見逃していたようです。


とりあえずチェックインして、車を取りに戻った次第です・・・・やれやれ(>_<)
田舎は田舎で、目印がなくて迷うけど、都会はこの一方通行に惑わされます。
 

そう言えば、このレンタカーを更新するときに、

ナビ付きになんで変えてもらわなかったんだっけ???・・・・って、

この日記を書きながら疑問に思って主人に聞いたら、

「あのフランス人としゃべってたら、もうそこまで 頭が回らなかったよ。」

だって。

それはそれは、お疲れ様でした。
 

またまた道に迷って疲れ果て、お昼も食べていなかったので、

せっかく美食の都リヨンに来たのだし、せめて美味しいものでも食べようと、

疲れた体に鞭打って、街へと出かけました。

でも、車で動くとまた迷ったりするので、歩いて行くことにしました。

 
リヨンの新市街を象徴するかのような高層ホテル ラディソン・サスを見上げつつ、

何処にどんなお店があるのかも知らないまま探していると、

他の店を差し置いて、次々と人が入っていくお店をみつけました。
 
 
 Le Bistrot du Palais 
このお店が、ガイドブックにも載っていた二つ星レストラン 『レオン・ド・リヨン』の

ジャン・ポール・ラコンブ氏の展開するお店の一つだったらしい

ことは後になってわかった事。

ここはビストロらしく、とってもカジュアルな雰囲気で、適度に賑わいがあって

とってもいい感じ。

今日は、フランスに来て初めてのビールで乾杯。

394_20120812003716.jpg 




396.jpg 

とってもジューシーなひき肉が包まれていました。


397_20120812003833.jpg 

かぼちゃのポタージュ

398_20120812003806.jpg 

とろとろに柔らかい豚バラ肉


399_20120812003847.jpg 

子ウシのクリーム煮

401_20120812003901.jpg 

ヨーグルトとクリームチーズのムース

400_20120812003928.jpg 

おなじみ、クレームブリュレ


たまたま見つけたレストランで、リヨンの美食にありつけるなんて、

なんてラッキー(>_<)

疲れた体も癒されました。
 
さて明日からの行程は・・・??? 
 
リヨンから、ニースの方まで行けるかな、なんて言っていましたが、

電車ならまだしも、車でこのままニースまで行ってしまった時には、

帰りにとんでもない距離を運転してしまう事になるから、その計画は断念。

それでもプロヴァンスははずしたくなかったので、明日はもう少し南まで行く予定。

でも、ここから先の宿泊がまた未定です。

今日のホテルも、部屋ではネットができないとのこと。

ラウンジまで下りていけばいいことなのですが・・・・

また明日考えましょう・・・。

LE BISTROT DU PALAIS

220 Rue Dugesclin
69003 LYON

Tel.: +33 (0)4 78 14 21 21
Fax: +33 (0) 4 78 14 21 22

 
ご訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになっています。
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

b_02 FC2
FC2 Blog Ranking

≪ショップからのお知らせ≫
 


collection dete -300

夏におすすめのアイテム、セレクトしてみました(*^_^*)
詳細はコチラ⇒

millefeuiles rogo 
フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesはこちらへ

お問い合わせはコチラ⇒
※ブログからでもご遠慮なくお問い合わせください。

フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesは

こちらへhttp://chambre-mille-feuilles.com

お問い合わせはコチラへ⇒
http://chambre-mille-feuilles.com/cgi-bin/support1.cgi

ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけますと嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村


b_02 FC2







行き当たりばったりフランスの旅(20)~シャトーとのお別れ - 2012.08.04 Sat

≪シャトーとのお別れ≫

       vendredi,20,Novembre


 いよいよこのシャトーともお別れです(・_・)

266_20120805001459.jpg 

ここで過ごした時間は、とてもゆっくりと流れて行ったような気がします。


255.jpg 


何よりも、私たちの事を何かとお世話してくださったヴァンサンには、本当に感謝します。

彼の心からのおもてなしは、どのゲストの方も

きっと満足されるに違いありません。

Voyage de France 05 060 


実は当初、このボジョレー・ヌーボ解禁日には、ボジョレー地区界隈で宿を探していて、

ある雑誌の中でボジョレーに在るシャトーを見つけ、そこに予約を入れるつもりでした。

ところが、そのシャトーはこの頃休業中になっていて、その代わりに紹介されたシャトーが

私たちの泊まった “Chateau de Vaulx シャトー・ド・ボー”だったわけです。


 実際このシャトーはボジョレーとは全く離れていて、牧場しかないブルゴーニュ田舎でしたが、

逆にそれが良かった。

ここにはブルゴーニュの魅力がいっぱい詰まっていて、

ヴァンサンを初め、ブルターニュ出身のレストランのオーナー夫妻、

ラクレットのショコラティエ・・・と暖かい人達との出会いがありました。

私の大好きな牛さんもたくさんいたし、ゼルダやエラとネマとも遊べたしね。

またいつか、ぜひ訪れたいと思いました(*^_^*)


さて、今日はこれからLyonリヨンに向かいます。

リヨンで一旦、このレンタカーを返さなければなりません。

そして、結局最後まで車で移動しようという事になったので、継続の手続きをしたいのですが、

その手続きがどうなることやら?



昨日、その件でレンタカー会社に電話したのですが、

『私は担当じゃないからわからない』という、フランス人らしい発言(>_<)

向こうは、今乗っている車のままで継続できるかどうかわからない。

明日以降、車が空いているかどうかもわからないようなことを言っているのです。

じゃあ、確認できたら折り返し電話をくれ、と言っておいたけれど、なんの返事もなし。

行ってみるしかないね、ということに。 

やれやれ・・・。



でも今夜の宿はリヨンに予約を入れておいたので、そこはちょっと安心です。

普通の、素泊まりの、街なかのホテルだから、これといった魅力もないでしょうけど。

でも、ヴァンサンがリヨンは美しい街だよ、食べ物もおいしいしね、と言っていたので、

ちょっと楽しみです(*^。^*)


346.jpg 


 

357.jpg 
 
360.jpg 



リヨンには、シャトーから約1時間ぐらいで着きました。

363.jpg 


牧場しかなかったさっきまでの景色とは打って変わって、

ここは大都会って感じです。

でも、この街を流れるソーヌ川の西側に見えるローマ時代からルネッサンス時代の建物は、

歴史を感じさせてくれます。

365.jpg 


371.jpg 


368.jpg 
 
しかし車の量も多いですね。ローヌ川東側のビジネス街に向かう車でしょうか。

渋滞中の車道には、ヒッチハイクをしている人がちらほら。



まずは、レンタカー屋さんのある、リヨン・ペラーシュ駅に行かなくてはなりません。

先にガソリンを満タンにして、そこでリヨンの地図も買って、駅へと向かいます。

が・・・・駅はそこに見えているのに、どこからどう入ったら

駅の入り口に行けるのかがわからない・・・!?

387_20120805005034.jpg 


しかも、道はどこも一方通行(ま、フランスの街中はどこもそんなものですよね)。

なんども同じ道をぐるぐる回っていたら、ようやく『ペラーシュ駅、左へ』の矢印を見つけた!!

と、私が叫んだときにはもう通り過ぎてる・・・・ (>_<)



もう一度、いや二度かな? もと来た道をぐるっと回って、

ようやく駅の入り口に着きました・・・(^_^;)



駅の入り口には、いくつものレンタカー会社が並んでいます。

主人が借りていたのはN社。

ところが鍵が閉まっている・・・しまった! お昼の12:30だった!

でも他のA社なんかは開いてるのに。

なんて商売っ気がないんだ!?と思ってしまいますがフランス人ですからね。

それはわかっています。



どうしよう・・・と言っていたら、店の前に立ち止まった一人の男性。


___ どうかしたの?と、優しく声をかけてくれます。

よく見ると、彼はN社の社員証をぶら下げてる。

___ 貴方を待っていたんだ。

と言うと本当はまだ昼休みの途中だったのに快く開けてくれました。



ここから先の交渉は、主人にお任せ。

主人は、継続の手続きをしようとしたのに、そちらがちゃんと

対応してくれなかったことなど、言うべきことは言っているみたいです。



でも最初は愛想よくしていた彼も、だんだんつっけんどんになってきた。

自分が対応したわけではないのだから、自分が悪いわけじゃない、って言いたいみたい。


___ 昼休みの途中だったのに、って文句言いだしたよ。やれやれ!


って、そこは日本語で愚痴る主人。



それでも日本でだったらもっと感情的になる主人も、ここではかなり感情を抑え、

この場は一件落着。

ただ、今回はもう継続ではなく、新規での契約になるとか。

継続だったらもっと安くできたみたいですけど、仕方ないです。



___ まったく、フランス人ときたら、あ~言えばこう言う、だから参るよ。

     こいつらとの口げんかに勝てるようにならなきゃ。俺のフランス語もまだまだだな。




・・・だって(+o+)

フランス人との口げんかに勝ったら、フランス語も一人前ってことなんですかね!?



これが日本の会社だったら、お客様にこんな態度を取るなんてありえないんですけどね(^_^;)

会社の一人の社員としてではなく、一個人として自分の権利も主張する、

改めて面白い国だなあと思いました(*^。^*)


大きな地図で見る


ご訪問ありがとうございました。
みなさまの応援が励みになっています。
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ
にほんブログ村

b_02 FC2
FC2 Blog Ranking

≪ショップからのお知らせ≫
 


collection dete -300

夏におすすめのアイテム、セレクトしてみました(*^_^*)
詳細はコチラ⇒

millefeuiles rogo 
フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesはこちらへ

お問い合わせはコチラ⇒
※ブログからでもご遠慮なくお問い合わせください。



フランス雑貨のネットショップChambre Mille Feuillesは

こちらへhttp://chambre-mille-feuilles.com

お問い合わせはコチラへ⇒
http://chambre-mille-feuilles.com/cgi-bin/support1.cgi

ご訪問ありがとうございます。
クリックしていただけますと嬉しいです。
にほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 子供服へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ バッグ・小物へ
にほんブログ村


b_02 FC2







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ママンのきもち

Author:ママンのきもち
ミルフィーユのお部屋へようこそ。
フランス雑貨のお店『Chambre Mille feuilles シャンブル・ミルフィーユ』を運営する、店主のブログです。

ご案内

   millefeuiles rogo 
フランス雑貨のネットショップ Chambre Mille Feuilles


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


長野県民的人生記

ちえりの手作り日記

南仏アヴィニヨンより

COCON部屋

まあちゃんの雑貨大好き! プチモール 

メロディ♪スマイル ~トールペイントライフ~

パリで暮らそう ! パリジェンヌへの道

フリーエリア

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR